SiteMap

あご削りのダウンタイムは長い?流れを知り安心して施術を受けよう

バインダーを持つ

顔の印象をガラっと変えることのできるあご削り、興味はあるけどダウンタイムが長いという噂から悩んでいる人はいませんか?この記事ではあご削りのダウンタイムについてご紹介します。術後の流れを把握して、安心して施術に臨んでいただければ幸いです。
ダウンタイムは基本的に1か月程度といわれており、美容整形手術のなかでは長い部類に入ります。骨を削る施術のため、必然的にある程度の回復期間を要するためです。ただ、1か月間ずっと苦痛が続くわけではありません。
術後翌日から、包帯を巻いた状態でぬるめのシャワー、歯磨きを行うことができます。2~3日後に腫れはピークを迎えますが1週間程度で落ち着き、お仕事への復帰はこの時期をお勧めします。2週間前後で抜糸を行った後は、熱い・辛い・かたいものも少しずつお召し上がりいただけます。2~3週間目以降は口を開くリハビリや、マッサージを行うことでむくみの更なる改善が期待できます。1か月程度、長くても3か月経過すれば、施術の効果もしっかり確認できるでしょう。
本記事では、あご削りのダウンタイムについてご紹介しました。期間は長いとはいえ、段階的な回復で徐々に普段通りの生活にお戻りいただけます。美容外科であご削りをして、素敵なフェイスラインを目指してみてはいかがでしょうか。

Choice Post

カウンセリングをする

あご削りで自分の理想の顔を手に入れよう

あごが出ている、またそれによって口が飛び出て見える等の悩みは、自分で解決しようにもかなり難しい問題です。そもそも頬や目元は、ダイエットによって脂肪が減るこ…

MORE ▶